E生活館のサポート記録

東北で生活する方々が生活の隅々まで満足のいくように徹底サポートします

葬儀の方法の一つに家族葬というのがあります。

新しい葬儀スタイルと形式の変化

葬儀といえば、故人との親しい間柄の人たちや縁故者、そして喪主との知人などといったさまざまな人たちに惜しまれながらも、静かに故人の死を悼む場でもあります。
そのため、どのくらいの人を葬儀に呼ぶのかはそれぞれの喪主の考えによりますが、一般的に葬儀への参列者は家族をはじめとした親しい間柄の人のみに絞り、通夜に参列いただくというのが多いです。
しかし、近年の時代の変化に伴い、家族を取り巻く環境も変わってきましたので比例して葬儀もスタイルが新しく加わったり、変化したりと変わってきています。
それが家族葬儀の登場です。

家族葬は故人と長くいっしょにいたい家族に最適です

新しく加わったスタイルの葬儀とは、「家族葬」というものであり、最近になって広まってきている葬儀の方法の一つでもあります。
この「家族葬」というものは、名前の通り、故人と故人の家族、そして少数の本当に親しい間柄の人たちだけで故人に対するお別れを悼むことができる、家族のための葬でもあります。
家族葬儀が一般的な葬儀と違うところは、通夜などの葬儀に参列してきた方々への気遣いや配慮、そしてしなければならない挨拶対応などに時間を割く必要がなく、思う存分、故人とのお別れの時間を味わうことができるところにあります。
まさに故人とのつながりの深い家族のための葬儀でもあります。

費用面のメリットから選択する方も増えています

しかも、費用もリーズナブルにとおさえることもでき、故人の要望や喪主の要望通りに葬儀を行うことも可能となっているため、今や、代表的な葬儀の方法の一つになってきています。
そのためこちらの町屋斎場のように、それ専用の窓口を設けるところも出来てきました。
しかし、この家族葬という方法が広まってきたのはまだ最近の話であり、他の方法と比べましても実績が浅いですので、費用の面といったメリットだけで決めるのではなく、どういうものかなどについてきちんと葬儀社に確認することをおすすめします。

冠婚葬祭の基本記事一覧